鍼灸の紹介

query_builder 2020/09/13
ブログ
ΞIM・PROVEΞ

みなさま、こんにちは!


福岡市城南区のインプルーヴ(≡IM・PROVE≡)です!


今日の福岡市は、日中も少し涼しく秋らしい感じですね☺

朝晩で少し寒くなると、鼻がぐずってくる方もでてくるので

服装でうまく調整していきましょう(^^)/


さて、今回は鍼灸のことをご紹介です!



鍼灸とは?


鍼(はり)と灸(きゅう)を使って施術を行います。

ここで使う鍼は髪の毛ほどの細さのものを使うので痛みをあまり感じません。また、鍼を刺す際には管鍼法という皮膚を管で圧迫してより痛みを感じにくくして施術を行います。


鍼にも太さがあり、日本では0.14~0.34mmくらいのものを

使用される院が多いと思われます。

当院では、0.20mmまでの太さを用いることが多いです。


鍼ときくと注射器をイメージすることがありますが太さの比較として


  1. ・鍼            →0.14~0.34mm
  2. ・髪の毛  →0.05~0.15mm
  3. ・注射器  →0.7~0.9mm


注射器の4分の1くらいの太さで痛みは感じにくいです!

少し太めの髪の毛くらいの太さぐらいと考えてもらえると

イメージがしやすいかもしれません(^^)


次に、お灸。

お灸では、もぐさと呼ばれるヨモギの葉の裏のざらざらをとって

乾燥させたものを燃やして施術を行います。


お灸をすることで血液の流れがよくなり、肩こりなど凝り固まった筋肉を

ほぐしていくだけでなく、足先の冷えを解消していくことにも効果があります。

お灸が熱すぎないか心配されるかたも多いですが、熱量を個人に合わせて

調整していくのでご安心ください。


出張での訪問施術も行っているので、ご希望の際はご相談ください。


その他にも、肩こりや首の痛み、腰痛、五十肩など気になる症状がございましたら

一度お電話にてご連絡ください。

NEW

  • 浅い呼吸に注意!!

    query_builder 2022/05/08
  • 「動かないこと」と「動けないこと」

    query_builder 2022/04/08
  • 寒暖差に気をつけてください!

    query_builder 2022/03/17
  • 今年もミモザの花が咲きました✨

    query_builder 2022/03/06
  • 筋膜の役割について

    query_builder 2022/02/18

CATEGORY

ARCHIVE