座りっぱなし、「sedentary」という言葉

query_builder 2021/02/28
ブログ
ΞIM・PROVEΞ

 福岡県は今日をもって緊急事態宣言が解除されます。

日本でもワクチン接種が始まってますが、医療従事者の方々への対応もまだまだ十分ではなく、高齢者から若い世代の方々への対応はいつになることやらと思わされてしまいます。解除後も引き続き感染防止に努めながらの生活が必要になりますね。


 これまで在宅勤務やテレワークが加速してきたなか、今後もパソコンと向き合う時間は長いままで続いていくのではないかと思われます。


あるネットニュースでsedentary」セデンタリーという言葉を目にしました。意味は「座りっぱなしで身体を動かさないこと」で、単なる運動不足ではなく、長時間じっとしている状態を指す言葉です。


WHO(世界保健機関)では「一日10時間以上座っている人は、4時間以下の人に比べて病気になるリスクが40%も高くなる」と発表しています。


セデンタリーの具体的な例として、よく知られている「エコノミークラス症候群」があげられます。狭い座席に長時間座っていることで脚の血行が悪くなり、静脈中にできる血栓が様々な血管中で悪さをする病気ですよね。


パソコンに向かって長時間座っていることもこれと同じです


セデンタリーの問題は、この血行不良に加えて、交感神経の緊エネルギー消費の低下だと言われています。


ガンとセデンタリーの関係を調べた研究があり、それによると、セデンタリーが1日2時間増えるごとに結腸ガンの発症リスクが8%ずつ、肺ガンの発症リスクが6%ずつ高くなるそうです。定期的に運動をしている人でもセデンタリーの時間が長いと悪影響が出ることもわかったそうです。


長時間座っている生活が良くないということ、今さらですがおわかりでしょうか?

わかっているけど、仕事でどうしてもパソコンと長く向き合う必要がある場合はどうすればいいのか?


セデンタリーの時間を長くしないために、2時間に1度は席を立ち手足を動かしましょう。軽い体操やストレッチで十分です。

どうしても席を立てないときは、かかとの上げ下げや椅子の上に正座して膝を上げ下げしてみるといいでしょう。


あとはエネルギー消費低下の問題からも、積極的に身体を動かす時間をつくるようにしましょうね。


NEW

  • GWの営業日について

    query_builder 2021/04/27
  • アテネ不眠尺度②

    query_builder 2021/04/22
  • アテネ不眠尺度①

    query_builder 2021/04/22
  • 最近よく眠れていますか?

    query_builder 2021/04/21
  • 体重計測とBMI

    query_builder 2021/04/07

CATEGORY

ARCHIVE