加齢に伴う筋力低下と対応策について vol.1

query_builder 2021/09/14
ブログ
ΞIM・PROVEΞ

こんにちは!


福岡市城南区七隈の整体&鍼灸のインプルーヴ(≡IM・PROVE≡) です。


緊急事態宣言は解除されず、今月末まで延長されましたね。

飲食店の時短営業やリモートワークの継続などで、身体を動かす機会が益々減っているのではないでしょうか?

肩こりや腰痛を含め何らかの身体の不調や、精神的な不安定さを抱えていませんか?

いろんな施設は使えないにしても、山や高原など自然環境のなかに飛び出して、心身ともにリフレッシュ!いかがですか?

暑さも収まり、秋の気配を感じる気持ち良い時期になってきましたからね。

でも筋肉などの不具合を抱えていらっしゃる場合は、インプルーヴをご利用くださいね!

身体のメンテナンスとして対応させていただきます。



さて今回は加齢に伴う筋力低下と対応策 vol.1 です。


筋力は身体的に健康な場合、一般に30歳前後まで増加し、50歳ごろまで比較的に保たれ、それ以後徐々に低下すると言われています。これは主として筋量の減少出力機能低下の両側面から説明されています。

筋量の減少には、主に筋線維の委縮筋線維数の減少が関わっています。

筋断面積の減少は30歳以前に始まり50歳ごろまでは10%程度ですが、その後は急激に減少し80歳のころには20歳時点に比べて約40%も減少してしまいます。

そしてこの委縮は選択的で、遅筋より速筋線維の方が顕著に委縮します。

これは無酸素で力強さを発揮する筋線維が細くなってしまうことであり、力強い動きが出来なくなっていくことに繋がります。


それではどこの筋肉の力が弱くなっていくのでしょうか?


それは次回、vol.2 にて!

NEW

  • スポーツドリンク再考

    query_builder 2022/08/06
  • 熱中症対策(水分補給再考)

    query_builder 2022/07/04
  • 「隠れ疲労」に気をつけて!!

    query_builder 2022/06/04
  • 浅い呼吸に注意!!

    query_builder 2022/05/08
  • 「動かないこと」と「動けないこと」

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE